2017年4月2日日曜日

エロールの試練 第3回 攻略メモ



第3回エロールの試練についての私的攻略メモです。

内容はステージ56以降に限定したものとなっておりますのでご注意ください。




なお被ダメージは、ダメージ軽減系ロール無し・強化ポイント全振り・防御性能23の防具(無改造パワードスーツ or ウィッチローブ+5)で受けた場合の数値を書いています。
キャラの防御力次第でも100ポイントくらい差が出ることがありますので、そのへんはお察しください。

・・・うん、なんかもう条件が色々違い過ぎて、ダメージ例は参考にならなくなりつつありますね。
防具の改造が進んできたころにも一度考えたのですが、実ダメージを書くのはそろそろ止め時かもしれません(´・ω・`)

敵の攻撃も徐々に強まってきていて、受け止めきれなくなりつつありますしね。

まぁ今のところは、なんちゃって縛りプレイな感じで済んでいるので、できるうちは続けようかなぁと思ってはいますが。


その他、誤り等あったらゴメンナサイ。



ステージ56以降に登場する敵キャラ


 ・アムルアムト





   弱点: 突 熱

   火幻術: 術単体200~250ダメージ
   氷幻術: 術単体200~250ダメージ
   雷幻術: 術単体200~250ダメージ
   スターフィクサー: 術単体200~250ダメージ + マヒ


    ※上記すべて2回行動


   弱点以外の属性にはすべて耐性ありの模様。特に冷・雷が通りにくい。
   とはいえ、防御力そのものは高くないようで、斬・打もそれなりにダメージは通ります。

   異常にすばやく、安定して先手を取るのは困難。
   だからと言って、こちらがすばやさを完全に捨ててしまうと、
   術連発で集中攻撃やら連携やらが発生して事故死しかねない。
   最低でもすばやさ90台、できれば100越えのキャラを一人は用意したい。



 ・オーガチャンピオン





   弱点: 雷

   毒坊主: 全体200~280ダメージ + 毒
   ナパーム: 全体200~280ダメージ + 速ダウン
   頭突き: 単体150~200ダメージ x 2回行動
   稲妻落とし: 単体150~200ダメージ x 2回行動



   斬・打・熱に耐性ありの模様。特に斬・熱が通り難い。

   2種の全体攻撃が強力。
   ただ、物理攻撃しかないので対策は立てやすいほう。



 ・ゴールドドラゴン





   弱点: なし

   火炎: 全体200~280ダメージ
   冷気: 全体200~280ダメージ + マヒ
   召雷: 術全体200~280ダメージ



   弱点が無い代わりに、これといって高い耐性もなさそうです。

   攻撃はすべて全体攻撃で、かつ強力。
   2回行動ではないところが唯一の救い。

   全力で早期決着を図りたいところですが、HP20000程度あるためなかなか厳しいです。
   4体同時出現時は、1ターン目に出したキャラはほぼ生き残れないことを前提として
   作戦を立てたほうがいいかもしれません。



上記3体の耐性から考えると、今回は突属性を揃えるのが最適か。
多少減衰しても気にしないなら打も可。
斬の出番はなさげ。使うとしたらドラゴン戦限定になりそう。
術は補助系があれば十分。

SP回復相手は、装備で術防御や属性耐性を高められるならアムルアムト、物理対策を取るならオーガチャンピオン、の2択。

どちらも本来はSP回復相手向きではないので、あとは各自の戦力と相談してどちらがまだマシなのかを見極めてください。
ちなみに私だったら、攻速型で紙防御な人が多めの編成ならアムルアムト、それ以外ならオーガチャンピオンを選ぶと思います。

ロールはダメージ量そのものを減らす堅忍不破・虎視眈々でもいいですし、頑健無比で勝利後のHP回復量を高めてもいいです。
超絶技巧でSP回復量を増やして、回復モードを短く済ませるのもアリかと。
まぁこの辺はお好みで。


以上、みなさんのお役に立てば幸いです。


0 件のコメント:

コメントを投稿