2016年10月18日火曜日

育成結果(T260G:ローズ:シゲン:ヨハン)




空き時間ができたので育成再開。
本日はこちらの結果をお届け。





諸事情により、今回の結果は4キャラ分です。
いずれも、前回の育成で結果がよろしくなかった人たちのリターン案件になります。




◎T260G



まずは毎度赤点で追試しまくりのポンコt・・・ゲフンゲフン、T260Gさんです。







 HP:414+368
 攻: 33+32
 防: 33+32
 速: 33+33
 3値合計: 97


あー、えー、よくわかりませんが我が帝国にシンギュラリティ的な何かが発現したようです。


3値合計97は、自己最高記録。
HPがやや伸び悩んだ感じはするものの、過去のダメっぷりを考えれば、これ以上の結果は望むべくもありません。


再育成に踏み切ったのは確か4月ごろでしたので、延べ半年くらいでしょうか・・・。
いや~、長い戦いでした。


ちなみに育成場所は下記の通り。


 ・1~28周  : ☆10 ボクオーン
 ・29~40周 : ☆12 アディリスイベ絶望級


通常、私は☆10 ボクオーン一択で育成してます。
期待しているキャラは4戦ごと、そうでない人は8戦ごとに成長値をチェックし、気に入らなければリターン。
とにかく序盤で爆上がりするまで試行回数を増やす、数撃ちゃ当たる派です。


ただ、かなりの有望株の場合、ラスト8~10周分くらい☆11以降へ場所を移すことがあります。
今回は同時育成していた他キャラの事情により、早めに☆12へ移しています。


☆11以降のほうがはっきり有意だと言えるほどの成長差はない、と思っていますが、できる限りのことはやった、という納得感のためにやる感じですね。
実際このT260Gも、☆12に移した以降、劇的に伸びが良くなったりはしませんでしたし。
ヘタレもしなかったので、無駄ではなかったとは思っていますけど。


一応言っておくと、私は☆9オンリーや☆6からの段階育成でも、3値90越えした経験がありますので、他の育成法を否定するつもりはないです。
開花&リターンの用意可能な物量や、時間、効率面などを考えた結果、自分に一番合っているのがこのやり方だった、というだけですね。


何か皆さんの参考になる点があれば幸いです。


その他、ついでに育てた人たちの結果をどうぞ。




◎ローズ






 HP:402+362
 攻: 24+17
 防: 35+33
 速: 33+31
 3値合計: 81


3値合計としては平凡ですが、防御・すばやさが割と伸びたのでOKとします。
まぁ実戦投入するかわからない人ですしね。
ここで工数をかけるべきではないと判断し、終了。




◎シゲン






 HP:382+360
 攻: 25+16
 防: 31+31
 速: 43+31
 3値合計: 78


初期HPが低めな人にしてはHPが伸びました。
さらに防御カンストで打たれ強さは〇。
でも私が求める方向性とは違うんだよ・・・(´・ω・`)
てなわけでリターン。


実は育成途中で、なんか違う・・・と気づいてはいたのです。
が、その時ちょうどT260Gが爆上げ確変タイムに入っていたので、T260Gのいい流れを切るきっかけになったりしたらイヤだなぁと思い、あえてそのまま育成続行したのでした。


いわばイケニエになってもらったようなもので、可哀そうではあるのですが、流れ重視でこういうやり方をすることが多々あります。


まぁ次からはこの人をメインに育成することになるはずなので、今回は勘弁な。






◎ヨハン






 HP:410+404
 攻: 42+40
 防: 30+26
 速: 30+18
 3値合計: 84


3値合計としてはリターン前から変わらずですが、今回は攻撃が伸びてくれました。
その分、すばやさが残念なことになっていますが、パワードスーツ+神速で60超える範囲ですので、装備でごまかす方向で。


奥義の追加次第では再育成するかもしれませんが、ひとまずこれで完成です。


0 件のコメント:

コメントを投稿